美白の悪い点は?

日本では透明感のある白い肌に憧れを持つ人は多く、様々なメーカーから美白

化粧品やスキンケア商品が出ています。

しかし、美白を目指すのであればデメリットも知っておかなければ、美しい肌を

失ってしまう危険性もあるのです。

では、美白の悪いところですが、それは紫外線に対する抵抗力が弱くなるという

ことです。

美白をすると紫外線に強くなるというイメージを持つ方は少なくありませんが、

実のところその逆で、美白は紫外線に対する肌の防御力を弱めてしまうのです。

なぜかというと、美白化粧品などにはくすみやシミなどの原因になるメラニンを

作り出すメラノサイトの働きを抑制する作用があります。これによって肌はくす

みやしみのない白い肌となっていくのです。

しかし、一方でメラノサイトの働きは無視できません。実はメラノサイトは紫外

線をブロックする役割を持っているのです。

つまり、メラノサイトの働きを抑制すると紫外線に対するブロックがなくなって

しまうのです。そうなると、僅かな日光でも紫外線が肌の奥まで到達しやすくな

り、肌へ悪影響となってしまうのです。

それを知らずに美白を心がけているから多少日光を浴びても大丈夫だと思ってし

まうと、肌は大きなダメージを負ってしまうこととなります。

このようなことから、美白をするなら化粧品だけに頼るのではなく生活習慣など

を改善し、元々の肌の抵抗力を高める努力も必要なのです。

お肌に年齢を感じたらドモホルンリンクルがオススメです。→口コミをみる(ドモホルンリンクル)