自分の肌の「美白の限界」を知っておこう

昔から色白は七難隠すと言われており、現代でも肌の色が白いことは好ましいこ

ととされています。もちろん個人の好みはあるでしょうが色白の女性を嫌いな男

性はいないとまで言われるほどです。ですから、できるだけの努力をし、透き通

るような白い肌を手に入れたいと頑張っている女性も少なくないですよね。今は

さまざまな美白化粧品や健康食品などが販売されており、使い続けることで確か

な効果を確認できるものも多数あります。しかし、どうしても生まれつきの肌の

色の白さというものを超えることはできませんから、自分の肌の白さの限界はき

ちんと把握しておきましょう。体のどこの部分を見ればいいかというと、おしり

です。おしりは常に下着に守られていますし、日常生活を送っていてもほとんど

露出する機会がない場所です。せいぜいお風呂に入るときやトイレに入る時ぐら

いですよね。ですから紫外線による日焼けの影響がほとんど見られない部位なの

です。自分の肌がどこまで白くなれるのか知りたいという人は、少し恥ずかしい

ですが腰からおしりにかけての肌の色を観察するといいでしょう。腕な特に日焼

けが気になる部分と比べると差が分かりやすく、美白に励む目標になります。

コメントは受け付けていません。