‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

北海道と沖縄、地域によって紫外線量が違うのか

2014/10/22

日焼けは肌に大きなダメージを与えます。紫外線によって肌は刺激を受け、しみ、

シワ、たるみという形でトラブルをあらわしていくようになるのです。しかし、

これは住んでいる場所によっても、大きく異なってきます。住んでいる場所によ

って、天候も違いますし、緯度も違ってきます。そのため、日焼けする度合いも

異なってくるのです。

日本でもそれは同様のことです。日本の1番南である沖縄と1番北になる北海道では、

紫外線の量が違います。沖縄は晴れの日が多いですし、日射しも強いです。また、

太陽が空にある時間が長く、太陽光線の入射角度も大きくなります。そのため、

紫外線の量も多く、しみやシワができやすいのです。

一方、北海道は夏が短くて冬が長いため、日射しを浴びる時間がとても短いです。

そのため、紫外線の量もとても少なくなります。もちろん、UVケアは必要ですが、

沖縄など日射しが強い地域に住んでいる人の方が、より丁寧にUVケアをしなければ

いけませんし、帽子をかぶったり日傘をさしたりして、紫外線対策を行う必要があ

ります。

このように、日本の中でも地域によって紫外線量が違います。日射しが強い地域に

住んでいる場合は、より対策をするようにしましょう。

蛍光灯の紫外線、肌への影響は?

2014/10/22

「光が原因で日焼けしてしまうのか」、「日焼け止めを塗らなければいけないのか」

という疑問を抱える人は多いようです。その量は冬の日の曇りの日と同じくらいと

言う迷信もあります。紫外線(UV)はたんぱく質を変性させるため、皮膚に当たる

とコラーゲン繊維や弾性繊維にダメージを与えて皮膚を加齢させます。波長の長い

UV-Aは危険性があまり注目されていませんでしたが、皮膚がダメージを受けたり

DNAが損傷したり、皮膚がんになったりするリスクがないわけではありません。

特に皮膚の加齢の原因であり、UV-Bよりも波長が長いです。

 蛍光灯は低圧の水銀蒸気をイオン化することによりUVを作り出すのですが、蛍光

管の中の蛍光物質はそれを吸収して可視光線に変えます。ただしUVの量は太陽光に比

べると非常に少なく、この光が原因で日焼けをするということはありませんので、

日焼け止めを塗る必要は無いと考えられます。また、シミやしわを心配するほどの

ものでもありません。冬の日の曇りのときのUVは約250μW/cm^2、蛍光灯の光から出

るUVの量は約7.2μW/cm^2です。もしほんの少しのUVでさえも気になってしまうなら

UVの出ない発熱電球を利用すると良いでしょう。また、ほとんどUVが出ない蛍光灯も

発売されています。

お肌の新陳代謝は28日周期を理解しておく

2014/10/22

肌の細胞は約28日周期で古い細胞と新しい細胞が入れ替わり、新しい肌へと生まれ

変わっています。

この生まれ変わり周期のことは新陳代謝やターンオーバーとも呼ばれ、健康的で美

しい肌はこのターンオーバーが正常に行われていることが条件となります。

しかしターンオーバーは年齢を重ねるごとに周期が遅くなることがわかっています。

ターンオーバーが鈍くなると肌に古い角質や傷ついた細胞が残り続け、肌のごわつ

きやくすみ、黒ずみ、乾燥など様々なトラブルを引き起こすことになります。

ターンオーバーの周期は逆に早すぎても新しい細胞が完全に作られる前に角質がは

がれることになり肌荒れの原因になりますので、もっとも正常で健康的な肌が作ら

れる周期は28日程度が目安です。

年齢によって鈍くなるターンオーバーを正常化させるには、十分な睡眠や栄養をと

ることが欠かせません。

特に夜22時~2時の時間帯に深い睡眠をとることで、新しい細胞を作り出す手助け

をする脳内物質である成長ホルモンが分泌されやすくなりますので、なるべくこの

時間帯に熟睡できるように睡眠リズムを整えることも大切です。

栄養面ではターンオーバーには十分なビタミンやミネラルが必要になりますので、

日常の食生活の中で不足しないように心がけましょう。

眩しい時は手のひらをかざそう!

2014/10/22

赤ちゃん03紫外線に当たると肌のコラーゲンが減ってしまったり肌が乾燥しやすくなるので

シワが出来やすくなります。そのため日焼け止めを使用したり、外出するときは

帽子や日傘を常備する人が増えています。

しかし少しの外出だからとか洗濯物を外に干すだけだからという理由で紫外線対策を

してない時もあります。強い日差しの下にでる時に、何も日をさえぎる物を持って

いない場合、人は手をかざして日をさえぎろうとしてしまいます。でも手の甲を太陽

の方に向けて日をさえぎると、甲にシミができやすくなります。一度や二度ならそん

な事もありませんが、手で日をさえぎるというのは意外とよくする行動です。度重な

るとそれだけ肌がダメージを受ける事が多くなってしまいます。手の甲は人目につ

きやすいので、なるべくきれいな肌を保ちたいものです。

日差しをさえぎりたい時には手のひらを太陽の方に向けるようにすると良いのです。

甲と違って角質が厚いため皮膚の奥に紫外線が届かず肌がダメージを受けにくくな

ります。また新陳代謝が盛んで表皮が新しい皮膚に次々とかわっていく為、体の中で

最もシミが出来にくい部分なのです。そのため少しくらい日に当たってもダメージを

受けることがないのです。

美白成分のビタミンCは量より回数を摂ろう

2014/10/22

美肌効果のあるビタミンとして知られているにビタミンCがあります。このビタミン

は身体の中のコラーゲン合成に深く関与しているほか、抗酸化作用があるなど重要な

働きを持っています。人は身体の中でこれを合成することが出来ないため、食べ物

から摂取する必要があり、厚生労働省は成人1日当たり100mgの摂取を推奨していま

す。しかし、サプリメントやドリンク剤でむやみやたらと摂取しても十分な効果が

得られない可能性があります。子供01

ビタミンには水溶性のものと脂溶性のものがあります。水溶性ビタミンは水に溶け

やすいビタミンの総称で、過剰に摂取しても尿中に排泄され体内から出て行ってしまい

ます。一方、脂溶性ビタミンは油に溶けやすいビタミンの総称で、水には溶けにくく

尿中に排泄もされず体内に蓄積されていくため、過度の摂取は身体に悪影響を及ぼす

可能性もあります。

冒頭で記したビタミンは水溶性ビタミンであるため、過剰に摂取しても身体に蓄積

されないで、数時間後には尿中に出て行ってしまいます。そのため、1度に必要なビ

タミンを飲んでも大半が捨てられてしまうことになり意味がありません。効率よく

このビタミンを吸収するために、1日のうち何度も小まめに少量ずつ摂取することが

ポイントとなります。

レモンに含まれるソラレンの働きで日焼けしやすくなる

2014/10/22

一般に、日焼け対策として、メラニンの生成を抑えてくれる食べ物では、ビタミンCが

挙げられますが、これが豊富に含まれている食べ物として、まず、真っ先に思いつく

ものでは、レモンやグレープフルーツ、キウイなどの柑橘系の果物があります。

このようなビタミンCは、通常、肌に良いものとして捉えられていますから、日常でも、

多く摂取している女性は多いと思われます。

ところが、このビタミンCが豊富な柑橘類や、パセリやセロリ、春菊や三つ葉などの

野菜は、ソラレンという物質が含まれていて、これには、光毒性があるため、一度に

たくさん摂取して、直射日光を浴びてしまうと、なんと、シミが出来やすくなってし

まうということがわかっています。

そのため、特に、紫外線が多い季節に、海や山に出かける場合には、ソラレンを多く

含有する食品を食べることは避けるようにしましょう。

さらに、柑橘類やきゅうりの朝パックなどを行なってから、海や山に行って日焼けす

ることにより、パックした部分が余計、日焼けし易くなるということも覚えておくこ

とが肝心です。

そして、それでも、これらを食べてしまった場合で、外出する時には、日焼け止め対策

を完璧にするとか、長袖を着用したり、UV対策のある衣類を身に付けるなどして、

日光を遮る工夫をすることが大切です。

また、果物などを摂る時は、紫外線が少なくなる時間帯に摂るようにすると、日光に対

する感受性も低くなるため、できるだけ、日差しの強い季節には、午後3時以降に摂

る様にしましょう。

唇も日焼けしている

2014/10/22

年齢を重ねると目立つようになるシミは、お肌が酸化することで起こります。

どんなものでも酸化することで腐敗していきますから、いつまでも若さを保ち

たいと思うなら、それを防ぐ必要があります。

本来、肌に含まれる油分は肌を守るはずなのですが、酸化が起きると、逆に肌に

ダメージを与えてしまいます。

ハリやみずみずしさを保つために必要なコラーゲンまで破壊してしまいますし、

新陳代謝も悪くなってしまうので、出来るだけうるおい成分がたっぷり入った

化粧品を使って、乾燥から肌を守ってあげなければなりません。

最近の化粧品には、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、ビタミンC誘導体などの

成分がたくさん入っているので、選ぶときは良くパッケージを読んでから購入するよ

うにしてください。

お肌を十分に保湿することが出来れば、乾燥を防げますし、お肌の再生を促せるよう

になるので、いつまでも若々しい素肌を保てます。

シワやたるみ、くすみなどもなくなり、明るい肌の色になれますから、お化粧のノリ

もも良くなり、朝の時間を短縮することが出来るでしょうね。

強い紫外線は特に肌を傷つけますし、唇も日焼けしているので、化粧水だけでなく、

リップクリームも保湿出来るタイプのものを選ぶようにしましょう。

角膜が紫外線を吸収するとメラノサイトが動き出す

2014/10/22

今、紫外線の問題はとても大きくなってきています。

オゾン層の関係で、昔よりも紫外線量が増えているという事実があります。

それに伴い、肌だけではなく最近では目にも影響があるということで、注目され

ています。

肌に対しては、日焼け止めを付けたり、日傘、帽子をかぶるといった対策があり

ますが、目の場合はサングラスをかけて対策をすることができます。

角膜が紫外線を吸収することで、メラノサイトが動き出すということがあります。

ですから、サングラスをかけてそれを防ぐことが望ましいのです。

特に弱い方、また色素が薄く、茶色っぽい色をしているという方は、影響を受け

やすく、痛みなどを感じる場合もありますので、できるだけサングラスをかけた

りして対応してください。

ちなみに紫外線を受ける事で、肌に与える影響と言えば、シミができたり、乾燥し

やすくなったり、それが影響してシワができやすくなったりということが起こり

ます。

保湿を心がけるということもとても大事なことですので、日に浴びてしまったとい

う時には特に念入りに保湿ケアを行うようにしてください。

今まで色々な対策をしていた方でも、最近の紫外線はとても強いので、ケアを怠ら

ないようにしましょう。

自分の肌の「美白の限界」を知っておこう

2014/09/26

昔から色白は七難隠すと言われており、現代でも肌の色が白いことは好ましいこ

ととされています。もちろん個人の好みはあるでしょうが色白の女性を嫌いな男

性はいないとまで言われるほどです。ですから、できるだけの努力をし、透き通

るような白い肌を手に入れたいと頑張っている女性も少なくないですよね。今は

さまざまな美白化粧品や健康食品などが販売されており、使い続けることで確か

な効果を確認できるものも多数あります。しかし、どうしても生まれつきの肌の

色の白さというものを超えることはできませんから、自分の肌の白さの限界はき

ちんと把握しておきましょう。体のどこの部分を見ればいいかというと、おしり

です。おしりは常に下着に守られていますし、日常生活を送っていてもほとんど

露出する機会がない場所です。せいぜいお風呂に入るときやトイレに入る時ぐら

いですよね。ですから紫外線による日焼けの影響がほとんど見られない部位なの

です。自分の肌がどこまで白くなれるのか知りたいという人は、少し恥ずかしい

ですが腰からおしりにかけての肌の色を観察するといいでしょう。腕な特に日焼

けが気になる部分と比べると差が分かりやすく、美白に励む目標になります。