レモンに含まれるソラレンの働きで日焼けしやすくなる

一般に、日焼け対策として、メラニンの生成を抑えてくれる食べ物では、ビタミンCが

挙げられますが、これが豊富に含まれている食べ物として、まず、真っ先に思いつく

ものでは、レモンやグレープフルーツ、キウイなどの柑橘系の果物があります。

このようなビタミンCは、通常、肌に良いものとして捉えられていますから、日常でも、

多く摂取している女性は多いと思われます。

ところが、このビタミンCが豊富な柑橘類や、パセリやセロリ、春菊や三つ葉などの

野菜は、ソラレンという物質が含まれていて、これには、光毒性があるため、一度に

たくさん摂取して、直射日光を浴びてしまうと、なんと、シミが出来やすくなってし

まうということがわかっています。

そのため、特に、紫外線が多い季節に、海や山に出かける場合には、ソラレンを多く

含有する食品を食べることは避けるようにしましょう。

さらに、柑橘類やきゅうりの朝パックなどを行なってから、海や山に行って日焼けす

ることにより、パックした部分が余計、日焼けし易くなるということも覚えておくこ

とが肝心です。

そして、それでも、これらを食べてしまった場合で、外出する時には、日焼け止め対策

を完璧にするとか、長袖を着用したり、UV対策のある衣類を身に付けるなどして、

日光を遮る工夫をすることが大切です。

また、果物などを摂る時は、紫外線が少なくなる時間帯に摂るようにすると、日光に対

する感受性も低くなるため、できるだけ、日差しの強い季節には、午後3時以降に摂

る様にしましょう。

コメントは受け付けていません。