北海道と沖縄、地域によって紫外線量が違うのか

日焼けは肌に大きなダメージを与えます。紫外線によって肌は刺激を受け、しみ、

シワ、たるみという形でトラブルをあらわしていくようになるのです。しかし、

これは住んでいる場所によっても、大きく異なってきます。住んでいる場所によ

って、天候も違いますし、緯度も違ってきます。そのため、日焼けする度合いも

異なってくるのです。

日本でもそれは同様のことです。日本の1番南である沖縄と1番北になる北海道では、

紫外線の量が違います。沖縄は晴れの日が多いですし、日射しも強いです。また、

太陽が空にある時間が長く、太陽光線の入射角度も大きくなります。そのため、

紫外線の量も多く、しみやシワができやすいのです。

一方、北海道は夏が短くて冬が長いため、日射しを浴びる時間がとても短いです。

そのため、紫外線の量もとても少なくなります。もちろん、UVケアは必要ですが、

沖縄など日射しが強い地域に住んでいる人の方が、より丁寧にUVケアをしなければ

いけませんし、帽子をかぶったり日傘をさしたりして、紫外線対策を行う必要があ

ります。

このように、日本の中でも地域によって紫外線量が違います。日射しが強い地域に

住んでいる場合は、より対策をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。